韓国人男子T君

2014年-2カ国目チリ

こんにちは。

リアルタイムはチリ北部のアタカマという砂漠地帯にいます。

何もない街ですが、観光客は多いです。

やっぱり田舎の方が断然落ち着きます。

治安も良いし。

同部屋にイギリス人の女の子がいるんですが、その娘は部屋で堂々と着替えたりします。

話には聞いていたけど欧米人女性って本当にそうなのね。

なんかこっちが気を遣ってしまうので止めていただきたいですが、仕方ないのでしょう。

日本人女性はあんまりやらないだろうなー。

さて、サンティアゴのクラブで遊んだ翌朝、イースター島で一緒に遊んでいた4人でビーニャに向かいました。

メンバーは、イケメン美容師のM君、兵役上がりの韓国人男子T君、紅一点のYちゃんとぼくです。

サンティアゴの宿で先に帰った皆と合流して一緒に行く約束をしていました。

ビーニャはサンティアゴから北西に2時間程の距離にあるビーチリゾートです。

ここに来たのはある目的がありました。

日本人宿にチェックインして早速漁港に向かいます。

しかし日本人宿ってどこにでもあるな・・・

サンティアゴよりだいぶ安い!

アワビは1キロ約1000円です。
宿に帰って色々料理して美味しくいただきました。

アツンとかいうまぐろみたいなのとアワビの刺身!

アワビの煮物!

エビ餃子!

韓国人T君が作った海鮮チヂミ!

お店のクオリティーです!

ウニ!

たこ飯!

翌日は世界遺産の街、バルパライソに行ってきました。

斜面にカラフルな家が立ち並び、壁画やグラフィックが街の至るところに描かれていました。

治安は悪いらしいけど。

 

 


変な猫といらっとする人。

ビルの壁画がすごい!


路上パフォーマーの演奏に酔い痴れる犬。

奇麗な街でした。

夜はUNOと大貧民で盛り上がり、合宿さながらの雰囲気。

両方久しぶり!

以前のブログにも書きましたが、この後食中毒で寝たきりの生活を送っていました。

そのため料理の写真の一部は食べてません。

ウニ食べたかったな・・・・・

回復後、サンティアゴに戻り、イースター島からずっと一緒の韓国人男子T君と2人でチリ北部のアタカマに向かいました。
T君はオーストラリアで仕事をしていたため、流暢な英語を話します。
日本語も少し分かるので、日本人同士日本語で話していると横で頷いていたり、クスクス笑い出したり、たまに日本語でぼそっとしゃべったりもします。

「きょうはなんようびデスカ?」

「これおいしいデス」

なかなか賢いこです。

また、コロンビアからアルゼンチンの最南端のウシュアイア(南極旅行の拠点)までバイクで旅したタフガイでもあります。
そんな彼は先日サンティアゴで財布をすられてしまいました。

リュックから財布を抜かれたが、全く気付かなかったそう。

財布をすられた現場はなんと韓国人街でした。

かわいそうだけど、なんか面白い。

そんな愛くるしいT君と24時間のバス移動です。

暇・・・・

外をぼーっと眺めたり。

トラックになんか変なの座ってる。

ALWAYS三丁目夕日を見たり。

T君にももクロのLIVE映像を見せたり。

T君「こどもみたいネ」

教育が足りないようです・・・

24時間の中で、食事はパンとジュースが2回出ただけでした。

朝9時に乗って、18時と21時の2回ってどういうことですか。。。

目を覚ますと景色はすっかり変わって砂漠になっていました。

アタカマには砂漠から眺めるサンセットと、星空を見るためだけにやってきました。

小さい街なので他にすることはありません。

これらを見たらすぐにボリビアのウユニ塩湖に抜けるツアーに参加する予定でした。

このときは2人はまだ知らなかったんだ・・・・

これからあんなことが起こるなんて・・・・

今回は金田一少年の事件簿風な終わりにしてみました。

次回が気になる感じですね!

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました