南米でもあれをやってしまった

2014年-2カ国目チリ

旅行用に購入したMacとミラーレス一眼の上手な使い方が分かりません。

どーも、ぼくです。

リアルタイムに追いつくためにせっせと書きます。

5/8早朝、連日の夜行バス移動と睡眠不足で疲弊してサンティアゴに到着しました。

外はまだ真っ暗だったので、明るくなるのを待って日本人御用達の宿にチェックインしました。

少し休憩して街を歩きます。

ブエノスアイレスはどこか刺々しい雰囲気がありましたが、サンティアゴの街は暖かい感じの雰囲気が漂っていました。

普通に都会です。

 

市場のスレっぷりにちょっと引いたり。

日本人と見るや、

「ウニ、アワビ、オオアナゴ!安い!いらっしゃーい!」

 

大体こんな感じです。

海鮮食べたり。

セビッチェ!魚のマリネです。
ビールに合う!

アボガドドッグ食べたり。

ジュース付きで200円。どでかい。。

屋台で春巻き食べたり。

なんか食べてばっかりですね。
あとは、Universidad de Santiago de Chile(チリサンティアゴ大学?)で、たこ焼き食べたりしてました。

この大学では金曜日にパーティーが開かれていて、宿で会った日本人二人がそこでたこ焼きを売っていると聞きました。

サンティアゴに着いた翌日が金曜日だったので日本人約10名でぞろぞろと大学に出かけました。

学祭みたいな雰囲気です。

たこ焼きボーイズは、各地でたこ焼きを売りながら旅をしているようで、どういう経緯か一般開放されていないはずの大学でたこ焼きを売っていました。

 

普通に旨い!

チリ人学生にも結構好評です。

大学は、頭の良さそうな学生が多い印象でした。

ところが夜になると徐々に雰囲気が変貌して行きます。

マリファナの匂いがそこら中に立ちこめ、音楽がガンガンかかってクラブみたいなエリアもありました。

ひどい酔っぱらい(もしくはラリってる?)もちらほら。

暗いところに女の子一人で行くのはちょっと危ないな、という印象でした。

ぼく、この環境で酔っぱらって寝てしまいました。

仲が良い人達にはおなじのあれですね。

学生と話をして盛り上がり、調子に乗りました。

やってもーた。。。

幸いたこやき屋台のすぐ裏手だったので、何も盗られたりしませんでした。

気をつけます。。

さて、タバコ1箱600円、ビール1本200円程とそれなりに物価が高いチリですが、この後向かったイースター島ではほとんどのものが本土の2倍以上の値段でした。

諸先輩方に習って大量の食材を購入し、早朝の空港へ向かいました。

サンティアゴで買っていった食材リスト

ビール350ml x 12

ワイン1.5L

油500ml

醤油300ml

パスタ500g

米1キロ

トマト x 3

リンゴ x 5

たまねぎ x 3

ソーセージ x 2袋

にんにく

トマト缶 x 1

ツナ缶 x 1

スープの素

オリーブ

インスタントラーメン x 3

手がちぎれるかと思った。。。

ではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました